読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よみかきをしよう。

たくさんよんだりかいたりしようとおもいます。

「ものづくりに集中せよ!」

クリエイティブ 考えてること

先日書いたエントリ に関連して。

CA卜部さんのこのエントリはいまでも心に鋭く刺さってる。
何度も読み返して、その都度己を振り返りたくなるエントリ。

ameblo.jp

「作りたいのはプロダクトだから」ってのがグッときた - 「UI Crunch #8」にいってきた #uicrunch

Web イベント エンジニアリング デザイン クリエイティブ

https://www.instagram.com/p/BELW47nGVIq/

というわけで、いってきました。

UI Crunch #8 UIデザインに求められる実装スキルと考え方 - connpass

しれっとブログ書く枠が1名分空いてたので、滑り込んだやで٩( ‘ω’ )و
とはいえ、詳細な議事録とかは以下のエントリに任せて、思ったことを書きます。

sd-ts1017.hatenablog.com

「作りたいのはプロダクトだから、自分で書いた方が効率的に目的に近づけるのでは」*1

"「UIデザインをする上で、実装するスキルもデザイナーとして求められてくるよね」という前提のもと、先駆者にお話を聞いていく"というスキームで展開されてった今回ですが、割と「デザイナーとエンジニアの垣根を超える」みたいなセッションが多かったです。
UIを"実装する"ことに苦手意識を持っているデザイナーも多い、という背景があることを想定してるんだと(勝手に)思ってます。

そんな中、各セッションを通して「今回はこれに尽きるなあ」と個人的には思った。

Wantedly青山さんのセッションでご紹介されたコメントなんですけど。
これ聞いて、「ぼくがエンジニア職として会社に属してるの、まさにこれが理由だなあ」とめっちゃ腑に落ちた。

プロダクトの細部にこだわるにはエンジニアリングの知識をそれなりに持っていないと、"より良くしたいこと"を実現できない場合があるよなー、って思うんです。*2
逆に考えると、そういうデザインはエンジニアにだってできる。そういうところに気付ける視点を持ってプロダクトをつくらなくちゃなあ、と改めて感じました。


プロダクトをつくる上で、すべての工程をそれなりに理解できると便利

DeNA成澤さんのセッションを聞いて。
以下でも紹介されてるように、Xcodeでプロトタイピングまでやってるそうな。

creator.dena.jp

スライドの中で、デザインタスクと実装タスクとの配分を3つのフェーズに分けて説明してたんだけど、最後の3つ目のフェーズではデザイン/実装を両方やってるのに、効率が上がってたんだよね。
(画像がなくて恐縮... 後日スライドから拝借したく...!)

デザイナーが実装するスキルを身につけたり、エンジニアがデザインを理解することによって、こういうロスを徐々に減らせるし、「ここはこういう状態にしてデザイナー/エンジニアに渡したほうがよいよね」みたいな発想もどんどん生まれるはず。
そうすると、もっとプロダクトの本質を磨き込むのに時間が使えるようになると思うんですよね。

これ、デザイン/実装に限らない話だと思うので、もっとプロダクトをつくる工程("誰がどう考えて、何をしているのか")を理解することに努力を惜しまないようにしたいな、と思った次第です。

デザイナーもエンジニアも、CSも営業も企画もみんなプロダクトをつくる人ですよね

で、以上のことを考えてると、ふと以下のことを思い出したんですよね。

b.hatena.ne.jp

これ、めっちゃよいなって思ってます。
プロダクトはデザイナー/エンジニアのものだけじゃないし。みんなでつくっていきたい。
いま、個人的に理想に掲げてるチームです。

おわりに

今回のテーマ、元々考えてたことと結構近かったりして、めっちゃ共感すること多かったです。

とはいえ、実際に実現するのはなかなか難しい...
貴重な実践事例を聴くことができて、とても実りがありました( ˘ω˘)


地震、ヒカリエにいたら全く感じなかった。
とりあえず、友人の実家が無事だという報告をちらほら目にして安堵してます。
被災された皆様、くれぐれも二次災害にご注意くださいませ。

*1:タイトル修正するのわすれてたので修正した 2016/04/15 09:50

*2:デザイナー/エンジニアってラベルは「あくまでどの職能が得意か」ってだけだと個人的に思ってます。いずれにせよ、みんなでひとつのプロダクトをつくってるんですよね。「デザイナー/エンジニアは、そのラベルに沿った職能だけ担当していればよい」なんて考え方だと、これからは淘汰されていくんじゃないかな、と個人的には思います。

いつの間にか2016年になってた

日常

https://www.instagram.com/p/__9YizGVDT/

新年明けましておめでとうごさいます。

皆々様には旧年中に大変お世話になりました。
この場を借りまして厚く御礼申し上げると共に、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

"はじめての転職"を昨年10月にし、環境が変わる中で多くの経験をすることができました。
そんな年を無事に過ごせたのは、皆々様のお力添えのお陰です。改めて御礼申し上げます。

初めて年末年始を東京で迎えました。
「来年は引越しをしよう!」と決め、年末にバタバタと大掃除&断捨離を決行していたところ、大晦日に風邪を引いてダウンする始末。

そんなわけで、久々に"いつの間にか年を越してた"パターンで新年を迎えました。
要は寝てた。起きたら2時くらいだった。

体調も戻ってきて、散歩がてらに近所の神社へ初詣に行ったら神様が「健康に注意しなさい」とおっしゃってました。気をつけます。

とはいえ、本年はホントに"健康に注意すること"を意識して生活しようと思います。

ここ数年、割と体調を崩すことも多く、人様に迷惑をかけたこともありました。
また、重量も右肩上がりになっている*1のも気掛かりです。

食生活や体調管理、若さにかまけて怠っていた部分を律することを心掛ける所存です。
とはいえ、おいしいものを食べることは止めたくないので、"適度に"がんばります:)

...てか、昨年掲げた目標全然達成できてないな。ダメだな...
ちゃんと手頃な目標を目の前に掲げてやろう。

というわけで皆々様、どうか2016年もどうぞよろしくお願いいたします。
いろいろと迷惑をおかけすると思いますが、その際はぜひとも対価を請求していただければ、と存じます。

というわけで、ちゃんと風邪治すために寝ます。
年末に仕掛かりだった事は起きてからやる...

2016.1.2 オバラタクヤ@

*1:間食はあまり多くないので、睡眠と食事のリズムがおかしくなってるのではないか、と疑ってます。必要に応じて専門家を頼ろう...

情報会議 #2 に参加してきたで

イベント エンジニアリング クリエイティブ

https://instagram.com/p/9-1QmimVKf/

#3 に参加する予定だったけど、別の予定とバッティングさせてしまってて。
自責の念に囚われながら五体投地する勢いだったところ、 @ に「#2に欠員出たので来ませんか?」とのお誘いをいただき参加してきました。マジ感謝。マジ菩薩。改めて五体投地しよう。

情報共有ツールお悩みNight 改め 情報会議

http://johokaigi.org

タイトルが変わったんですが、やってることは大きく変わらず。ロゴかわいい。

24人で考えた情報共有ツールの悩み 情報会議 #2 レポート | JohoKaigi - 情報会議

幻の情報会議 #2は、一般募集することなく初回の応募に間に合わなかった人とリピーターだけで開催しました。「飲み会の数」で情報共有ツールの価値を測っては?など、24人の知恵がぐっとあつまったイベントの様子を紹介します。

詳しいレポートは以上で。
個人的にこのイベントのお気に入りポイントを書き殴っとく。

事前に招待されるQiita:Teamがよい

このイベント、参加が決まると"このイベント用のQiita:Team"に招待されるんですけど、これがまたよい。
自己紹介エントリをみんなそれぞれ書いてたりして、事前に空気感がわかるのもよい。

https://gyazo.com/5365ff46e0b8476916a2eae2ab930d1f

こういうエントリとかある。エモさがあってよい。

https://gyazo.com/cba5d408889521ec1ca8e44d70af3390

後日投稿された、当日のまとめエントリ(WIP)もよい。
コメントに当日の気づきとか書いたりすると整理してくれたりする。すごい。

https://gyazo.com/86a11186c5092974ad28f7e5f8a4c43a

Slackもよい

Slackもゆるくてよいし、スタッフのみなさんがわいわい企画したり作業してる姿が見えてよい。

https://gyazo.com/fed7858ea2ddbfe820f0a7c033b5844a

シェア太郎かわいい

シェア太郎(ruboty製)もかわいくてよいです。

https://gyazo.com/a7e8014de9b41737f2a3bccb3367c2f6

https://gyazo.com/17f0bcfc981b80b92731fd47a20bd770

同じような悩みを持つ人 / 悩みを解決してきた人が集まってて議論がおもろい

「あー」「わかるわー」みたいな場面が往々にしてあるので、なんとなく心地よいです。
心地よいだけじゃダメなんだけど、ちゃんと「こうしたらよいのでは???」みたいなお話もなされるのが素晴らしいしね。

こういうのとかね。(実行に移すかどうかは別として)よいよね。

LTも共感度高かったなー。

あと、Qiita:Teamにも自己紹介エントリで「こういうこと考えたりしてます」「こういうの悩んでるんすけど、どうしたらよいすかねー」みたいなのを書いておく(ようなテンプレになってて、実際書いてみる)と、バンバン反応してもらえる。よい。

即日使えるアイディアが何気にあった

例えば、以下は採用してみた。

さいごに

ぼくもちょくちょくお手伝いにいきたいです:)

株式会社スクーに入社しました

日常 報告

https://instagram.com/p/8S4vIhGVPf/

2015年10月1日より株式会社スクー(schoo,inc.)に入社いたしました。

それに先立ちまして、2015年9月末日を以って前職であるGMOメディア株式会社を退職いたしました。
新卒で入社し、約3年半という長いのか短いのか分からないような期間でしたが、多くの経験を積むことができました。関わってくださった皆様、本当にありがとうございました!

多くの皆様には直接ご挨拶できず、このような形でのご報告となりまして誠に恐縮ではありますが、今後とも宜しくお付き合い願いたく存じます。

とりあえず、お前誰?

@ です。
インターネットと音楽とカレーライスを主にたべてる人です。
いまのところサーバーサイド全般とUXデザインがメイン。

ちなみにスクー社では既に"カレー王子"の称号をいただいております。
(写真のイラストは前職の美人デザイナーに描いてもらったやつ)

https://instagram.com/p/7zFoFimVPI/

何やるの?

エンジニアとして採用していただいたので、それっぽいことします。
とりあえずフロントエンドが主戦場になりそうです。環境とか諸々整備したり、いろいろトライしていきたい所存。

また、schoo WEB-campusでは、先日「ターミナル」をリリースしました。

ここを起点にschoo WEB-campusはさらなる進化を遂げていきます。その進化を、エンジニアリングだけではなく"UXデザイン的なアプローチ"でもサポートしていきたいです。
それに、リリース日がぼくの誕生日と近くて親近感湧くので、めっちゃ愛でようと思います :)

その他諸々、なんでもチャレンジしたいです。1回くらい先生をやってみたいやってみたいですね :P

なんで転職したん?

前職では、エンジニア職として採用されながら、配属された当初はディレクターはおろかデザイナーもいない状態だったのでなんでもやってた記憶があります。
とはいえ、"簡単な画像素材は自分で作る"とか、"事業目標とか踏まえてサービスのために何をすべきかを考えて実現する"みたいな程度でしたが。
そういう"一からサービスを作ってる"ってかんじがすごい楽しかったです。

そんな時期から比べ、最近はそのサービスに関わる人数も増え、チームは開発により専念できる組織に変化していきました。
その反面、"サービスのために何をすべきかを考えて実現する"ための裁量は減っていきました。まあ、そもそも自分ひとりで見渡せる規模ではなかったし、エンジニアとしての職責は果たさなくてはならなかったし。

とは言え、ぼくは「やっぱりサービスのために何をすべきか"から"考えたい」と思い始めました。
正直、そういう気持ちに気づいた以降は"与えられた仕事"に対してモチベーションが上がらなかったことも度々ありました。

転職を考え始めた理由は他にもありましたが、考えを整理してみると上記の理由が一番大きく且つ決定打となっていたな、と感じています。
スクー社では"何をすべきか考える"フェーズから携われるような動き方を目指す予定ですし、その部分も含めて期待されていると自負しています。

居心地のよい職場でしたし、経験豊富な先輩方からもっともっと学ぶこともあっただろうなと思うし、上場承認も下りた直後でなんとも微妙なタイミングでしたが、今となっては前途洋々な気持ちです。

欲しいものリストは?

これ です。
ちなみに、昨日(9/30)は誕生日でした :)))))

おわりに

とりあえず、今後も渋谷界隈に生息しておりますので、機会があればいろいろとお誘いいただけますとうれしいです:)

以下、退職やら誕生日やらでいただいたものたち。
改めまして、皆様ありがとうございました。

https://instagram.com/p/7zbjGfmVLP/

https://instagram.com/p/7zePUqmVOq/